ドローン飛行許可申請について

空の産業革命と言われることもあるドローン。今や個人だけでなく、企業においても利用されるようになっているものの、日本でドローンを飛ばす場合は、許可申請を行う必要があります。

そもそもなぜ許可申請を行う必要があるのか?

そもそもなぜ許可申請を行う必要があるのか?

平成27年12月に航空法の一部が改正され、ドローンなどの無人航空機を飛ばすためには、
※1地方航空局長の許可 が必要となりました。

「なぜ許可制になったのだろう?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、理由としては安全性の確保が挙げられます。

無人航空機は新たなサービスを生み出したり、生活の利便性を向上させたりなど、様々なシーンでの活躍が期待されている一方で、落下事故なども発生しています。

法で定めず、無秩序に飛ばす状態を放置すると、今後さらなる事故が増えてしまう可能性があるため、航空法の一部を改正し、許可申請を行うように整備したのです。
※1正確には、国土交通大臣の権限ですが、それが地方航空局長に委任されています。

●許可が必要となる空域とは?

ドローンを飛行させる際、許可が必要とされる空域は以下の3つが挙げられます。

人口が集中している地区の上空

ドローンは数十kgを超える機体も存在しているため、落下した場合かなりの威力となります。そのため、人が密集している所では許可がないと飛行できないように決められているのです。

空港などの施設周辺上空

空港などの施設周辺でドローンを飛ばし、万が一飛行機などに影響を与えてしまった場合、重大な事故に発展する可能性があります。そのため、飛行機事故に繋がりそうな所での飛行は原則禁止となっているのです。

150メートル以上の高さの空域

目の前で飛ばす時とは異なり、ドローンは高度が上がるほど操作が難しくなる上に、無線トラブルが発生するリスクも高まります。そのため、150メートル以上は許可を得ないと飛ばせないように定められているのです。

ドローン飛行許可申請は行政書士にお任せ

ドローン飛行許可申請は行政書士にお任せ

ドローン飛行許可申請を行う際は、【加藤行政書士事務所】にお任せください。申請はご自身で行うことも可能です。しかし、慣れていないと思った以上に、時間がかかってしまう場合もあります。

行政書士でしたら、確実かつ素早く申請を行えますので、負担をかけずにドローンを飛ばせるようになります。


お役立ちコラム

ドローン飛行許可申請を行うなら【加藤行政書士事務所】にお任せ

事務所名
加藤行政書士事務所
所在地
〒 485-0034
愛知県小牧市市之久田2-40
TEL.&FAX. 0568-76-3060
HP
https://jitsumukai.com