デジタル遺品は放置をせずに早めの相談が大切

デジタル遺品とは何か?

デジタル遺品とは何か?

パソコンやスマホなど、デジタル端末の利用者が増えたことで、デジタル遺品と呼ばれるものが登場するようになりました。

デジタル遺品とは、故人が生前に使用していた電子機器に記録されているデータ・情報のことを指します。データとして残っている遺品をどのように処分するべきなのか?そのことに多くの注目が集まっています。

デジタル遺品の種類

資産として価値あるもの

デジタル遺品の中には、株券・インターネットバンキングなど、資産として価値のあるものがあります。これらは遺産の分配が終わった後に発覚する場合もあり、相続のトラブルに発展するケースがあるため、しっかりチェックすることが大切です。

ブログ・SNSなど

趣味としてブログを楽しむ方、SNSを利用している方は沢山います。こういったブログやSNSが悪意を持った第三者にアカウントを乗っ取られ、第三者が故人のように振る舞うことで、偽の情報を流される可能性があります。仮にそうなってしまうと、簡単には打ち消せないため注意が必要です。

ハードディスクに保存しているもの

写真やイラスト、文章などを故人がハードディスクに保存している場合があります。このようなデータの中には、他人に知られたくない内容が含まれているケースもあるため、どのように扱えば良いのかよく考えた上で判断し、整理することが求められます。

デジタル遺品に関するトラブル

デジタル遺品に関するトラブル

デジタル遺品に関するトラブルは、実に様々なパターンが存在します。例えば、故人が生前にネット上で有料のサービスを利用しており、サービスの料金を口座引き落としで支払っているケース。サービスを解約しない限り、利用者が亡くなっていても支払い続けることになるため、気がついた時にはかなりの額が引き落とされている場合もあるのです。

その他には、パスワードに関するトラブルもあります。パソコンやスマホなどの機器は、保存されているデータを守るために、パスワードが設定されることが多いです。家族の誰もがパスワードを把握していなかった場合、操作ができないため、一向にデジタル遺品の整理が進まないという事態を招いてしまいます。これらのトラブルに発展させないためには、なるべく生前から対策をしておくことが大切です。

デジタル遺品に関する悩みを解決するためには、プロの知識が必要になる場合があります。【加藤行政書士事務所】では、デジタル遺品に関する相談も承っていますので、何かお困りでしたら、気軽にご連絡ください。行政書士としての知識を活かしてアドバイスをいたします。



お役立ちコラム

デジタル遺品のことでお悩みなら【加藤行政書士事務所】

事務所名
加藤行政書士事務所
所在地
〒 485-0034
愛知県小牧市市之久田2-40
TEL.&FAX. 0568-76-3060
HP
https://jitsumukai.com